Mis-Res 登場人物紹介


主だった登場人物を登場順に紹介していきます。

手っ取り早く最新話を読みたい人のための紹介なので、本編のネタバレを十分に含んでいます

そのため、一から全て読みたい人にはおすすめできません。


大まかな世界観

動物がしゃべるというファンタジックな要素はありますが、基本的に魔法のような不思議な力はほとんどない世界です。

船であるシエルが人間になれるのが大きな例外といえば例外です。

飛行機はなく、大陸間の輸送はすべて船で行っているため、海賊は結構な脅威の存在になっています。

とはいえ、多くの船はエンジンをつんでいて、帆船で移動するような海賊はもう物語の中の存在です。

ティル ティル(14歳)

本作の主人公。海賊になることを夢見る女の子。
「伝説の海賊」の子孫らしいが、真偽の程はいまだに不明。
だがその身体能力は驚異的に高く、漢の勝負に憧れていることもあり、なにかと無茶をしがち。
かなり小柄だが胸だけはそれなりにそだっているようだ。

ペプチド ペプチド

ペンギンの子供。ティルの相棒……というより世話焼き係。
口は悪いが、ティルのことを気にかけている、いわゆるツンデレ。
ティルからの贈り物である頭の木彫りドクロがお気に入り。

ノムラ ノムラ

アザラシの子供。ティルの相棒。海賊団のマスコット的存在
近所のプールでティルたちと出会い、それ以来一緒に暮らすようになった。
言葉はあまり話せないが、ティルを親分、ペプチドを兄貴分として慕っているようだ。

マリー マルレーン(14歳)

愛称はマリー。ティルに負け、その条件として彼女のライバルになった。
勝負に負けたことや、ティルに比べて貧乳なこともあり、ティルを強くライバル視している。
エルフのような耳を持っているが、そういう人種というだけで、特別な力があるわけではない。
両親が警察関係者で、本人もよく警察の手伝いをしている。曲がったことが嫌いな性格。

ジェシカ ジェシカ

キバタンオウム。愛称はジェシー。マルレーンの相棒。
真面目で、いいサポート役だが、どういうわけか格闘技好きで、見ると性格が豹変する一面も。

先生 先生

といってもティルの先生ではなくマリーの学校の先生。
名前はまだ不明だが、それなりの登場回数があるので。
ノムラのことをいたく気に入り、ティルの書店に足繁く通っている。時々持ち帰ろうとすることもあるらしい。

ルカ ルカ(29歳)

ティルの母親。
良家のお嬢様だったが、家出をし勘当される。
ティルを産んだものの仕事もせず、父親にティルとの別居を条件に生活の支援を受けていた。
一応ティルの住居である書店のオーナーだが、現在は「暇つぶし」でパートタイムをしている。

クロウ クロウ(45歳)

ティルの父親。ルカの家の執事だったが、家出をしたルカを追った先で、
彼女と肉体関係を持ち、そのことがルカの父の耳に入り職を失う。
しかし、ルカの亡き母やルカ自身に頼まれたこともあって、いまだにルカの世話係をしている。
娘であるティルが可愛くて仕方がないらしい。

シエル シエル

船の墓場に捨てられていた"不幸を呼ぶ船:エスペランス号"が変身した姿。
ティルに拾われて、名前をシエルと改め、彼女の仲間になる。
他人の不幸に触れすぎたせいか、それを面白がるという性格の悪い一面も。
現在、ティルが髪を切ったせいで船の姿の時のマストが故障中。
女の子のような外見だが性別はない。

ユーリ ユーリ(14歳)

ティルのクラスの委員長。
ティルの幼い頃からの友人らしく、おかげで海賊に憧れるティルに何度も振り回されているらしい。

ローシェ ローシェ(13歳)

ティルのクラスメイト。少女っぽい顔立ちだがれっきとした男。
文化祭で女装させられてから、自分の中に女装癖が芽生えつつあることに自己嫌悪を覚えている。
ティルのことが好きだが、奥手であるためその感情は伝えられずにいる。

ラムd ラムd

自己紹介の途中でぶん殴られたため、名前は一部不明。
ティルと同じ海賊バカであり、いい大人なぶんこちらのほうがたちが悪い。
ティルを伝説の海賊の子孫だと知って決闘したりしたが、結局は逮捕される。
本編で語られていないが、実はまた脱走している。

おじいさん おじいさん

ティルの祖父。4コマ本編中に名前は出ていないが、ロックという名前がある。
国中の海運業を掌握するほどの会社のトップ。彼の束縛を嫌って家を出たルカを勘当したが、その娘であるティルは溺愛している。
内心、ルカのことも嫌ってはいないのだが、素直になれないツンデレというやつである。

目次へ